労働問題・労働条件に関する啓発授業

2019年度 厚生労働省委託事業
(学校への講師派遣支援事業)

労働問題・労働条件
に関する啓発授業

事業の目的・概要

 本事業は、生徒・学生に対して、労働問題や労働条件の改善等について理解を深めてもらえるよう、啓発授業を行うものです。
 昨今、「過労死」をはじめとした労働条件などに関する問題が大きく取り上げられるなど、社会的にも関心が高まっています。
厚生労働省では生徒・学生等に対して、働く際のルールについて理解を深めてもらえるよう、労働問題に関する有識者及び過労死のご遺族を講師として学校に派遣し、啓発授業を実施しております。
 仕事による過労から命を落としたり健康を損なうことは、ご本人はもとより、そのご家族にとっても計り知れない苦痛であるとともに、社会にとっても大きな損失であり、こうした事態を何としても防いでいかなければなりません。これから社会に出て行く生徒・学生がこうした労働問題について理解を深め、自分を守るための知識をつけられるよう、本授業を是非利用ください。

授業実施迄の流れ

申込み・お問合せ先

「講師派遣申込書」を
ダウンロードする

TEL:0120-970-137
FAX:03-6264-6445

厚生労働省委託事業
「労働問題・労働条件に関する啓発授業」運営事務局(㈱プロセスユニーク内)
〒104-0061
東京都中央区銀座七丁目4番14号 HBC GINZAビル12F
E-mail:koushihaken@p-unique.co.jp

労働問題について
理解を深め、
自分を守るための
知識をつける

授業教科

授業内容(タイムスケジュール)