過労死等防止対策推進シンポジウムを開催します。
プログラムが決定した会場から詳細を公開します。
ご希望の会場をクリックすると詳細をご覧いただけます。
「申込する」ボタンをクリックし、申込フォームへおすすみください。スマホで閲覧の方は、画面右上の「三」マークから、クイック申込も可能です。
北海道エリア
中部・北陸・信越
エリア
沖縄エリア

北海道エリア

日時: 平成30年11月22日(木)
13:30~16:00(受付13:00~)
会場: ホテルポールスター札幌 ポールスターホール
(札幌市中央区北4条西6丁目)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR札幌駅南口 約徒歩5分
主催: 厚生労働省
後援: 北海道、札幌市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
札幌弁護士会
過労死等防止対策推進北海道センター

プログラム

[施策説明]
「最近の労働基準行政の動き」 厚生労働省北海道労働局
[基調講演]
「過労死ゼロの社会を」
川人 博 氏(弁護士)
[過労死遺族の体験報告]
北海道過労死を考える会(家族の会)
[取組事例報告]
北海道大学生活協同組合
[閉会挨拶・報告]
過労死等防止対策推進北海道センター
申込する チラシを見る

東北エリア

日時: 平成30年11月21日(水)
18:00~20:00(受付17:30~)
会場: ハートピアローフク 大会議室
(青森市本町三丁目3番11号)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR青森駅より徒歩15分
主催: 厚生労働省
後援: 青森県、青森市、東奥日報社、
デーリー東北新聞社、陸奥新報社、
RAB青森放送、青森テレビ、
青森朝日放送
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
連合青森
過労死等防止対策推進シンポジウム青森実行委員会

プログラム

[取組説明]
青森労働局
[遺族からの声]
「放送局記者過労死遺族からの訴え」
佐戸 恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
[パネルディスカッション]
コーディネーター:
大竹  進 氏(青森県社会保障推進協議会 会長)
パネリスト:
飯田 寿徳 氏(健生クリニック所長)
中原のり子 氏(過労死遺族・東京過労死を考える家族の会)
山内 裕幸 氏(連合青森 事務局長)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月22日(木)
13:30~16:00(受付13:00~)
会場: 岩手教育会館 2階 多目的ホール
(盛岡市大通一丁目1-16)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR盛岡駅より徒歩15~20分
  • JR盛岡駅よりバス(でんでんむし)16番より乗車・約10分
    左回りにて「盛岡城跡公園」下車
主催: 厚生労働省
後援: 岩手県、盛岡市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
岩手弁護士会
岩手県経営者協会
連合岩手
岩手県教職員組合
働く者の生命・健康を守る会

プログラム

[主催者挨拶・過労死等防止対策の取組報告]
岩手労働局
[基調講演]
「過労と精神疾患の関連 ~気づきと対策のために~」
遠藤 仁 氏(岩手医科大学 災害地域精神医学講座/神経精神科学講座)
[パネルディスカッション]
コーディネーター:
川井 猛 氏(共同通信社 編集局 生活報道部 次長)
パネリスト:
遠藤 仁 氏(岩手医科大学 災害地域精神医学講座/神経精神科学講座)
中原 のり子 氏(東京過労死を考える家族の会 代表)
小田島 直樹 氏(株式会社小田島組 代表取締役)
佐々木友美子 氏(岩手県教職員組合 公務災害支援ネットワーク委員)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月13日(火)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: エル・パーク仙台 スタジオホール
(仙台市青葉区一番町4丁目11番1号141ビル
[仙台三越定禅寺通り館]6階)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • 地下鉄:仙台市営地下鉄南北線 勾当台公園駅下車(南1番出口より地下道で連結)
主催: 厚生労働省
後援: 宮城県・仙台市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
東北希望の会

プログラム

[事例説明]
「若者使い捨て企業とは何か ある若者の過労自死事件を通じて」
太田 伸二 氏(弁護士・新里・鈴木法律事務所、 ブラック企業対策仙台弁護団事務局長)
[パネルディスカッション]「若者使い捨て企業を作らないための視点」
コーディネーター:
土井 浩之 氏(弁護士・土井法律事務所、全国過労死弁護団幹事)
パネリスト:
岩橋 誠 氏(NPO法人 POSSE相談スタッフ)
富樫 敦子 氏(特定社会保険労務士・産業カウンセラー)
前川 珠子 氏(東北希望の会代表)
[家族の会より体験談発表]
若者の過労死事案遺族
[ミニコンサート]
浜田 真理子 氏(NHKドラマ「白州次郎」の挿入歌「しゃれこうべと大砲」)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年12月7日(金)
14:00~16:00(受付13:30~)
会場: 秋田市にぎわい交流館AU(あう)多目的ホール
(秋田市中通一丁目4番1号)

地図を見る

定員: 80名
アクセス:
  • 秋田駅西口から徒歩約10分
主催: 厚生労働省
後援: 秋田県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
秋田弁護士会

プログラム

[基調講演]
「過労死等防止の留意点について ~産保センター相談員の立場から~」
関 雅幸 氏(関労働安全コンサルタント代表)
[施策説明]
秋田労働局
[取組事例報告]
北日本コンピューターサービス株式会社
[遺族からの声]
「放送局記者過労死遺族からの訴え」
佐戸 恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月20日(火)
13:30~15:30(受付13:00~)
会場: 大手門パルズ 3階 葵
(山形市木の実町12-37)

地図を見る

定員: 80名
アクセス:
  • JR山形駅東口より 徒歩 約12分
  • 霞城公園前バス停より 徒歩0分
主催: 厚生労働省
後援: 山形県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

プログラム

[基調講演]
「過労死、過労自殺防止のためのメンタルヘルス対策」
後藤 剛 氏(山形さくら町病院 精神科医・産業医、産業メンタルヘルスケア株式会社 代表取締役)
[取組事例]
清水 香人 氏(株式会社ユアテック山形支社 総務部人事労務グループ 保健師)
[施策説明]
山形労働局
[遺族からの声]
過労死遺族
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月27日(火)
14:00~16:00(受付13:30~)
会場: コラッセふくしま 4階 多目的ホール
(福島県福島市三河南町1番20号)

地図を見る

定員: 120名
アクセス:
  • JR福島駅(東北新幹線、東北本線、奥羽本線)
    西口より徒歩3分
  • 東北自動車道 福島西IC、飯坂ICから車で約15分
主催: 厚生労働省
後援: 福島県(予定)
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

プログラム

[基調講演]
「過労死が起きる働かせ方を知る」
土井 浩之 氏(弁護士 土井浩之法律事務所、 全国過労死弁護団幹事)
[取組事例報告]
関根 昭彦 氏(福島コンピューターシステム株式会社 取締役 管理本部長)
[施策説明]
福島労働局
[遺族からの声]
申込する チラシを見る

関東エリア

日時: 平成30年11月25日(日)
13:30~15:30(受付13:00~)
会場: つくば国際会議場
(茨城県つくば市竹園2-20-3)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • つくば駅より徒歩約10分

※近隣に駐車場はありますが、有料となりますのでご了承ください。

主催: 厚生労働省
後援: 茨城県、つくば市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

坂倉 昇平 氏
NPO法人POSSE理事

1983年生まれ、静岡県出身。2006年に若者の労働問題に取り組むPOSSEを立ち上げる。2008年には雇用問題総合誌『POSSE』を創刊して8年に渡り編集長を務め、2010年から「ブラック企業」問題の啓発を続ける。2014年には個人加盟の労働組合である総合サポートユニオンを立ち上げる。その支部であるブラック企業ユニオン代表、裁量労働制ユニオン代表として、労働相談や労使交渉、マスメディアやインターネットを通じた社会的発信をおこない、様々な企業の長時間労働改善を現場から支援している。NHK、Eテレなどテレビ出演も多数。共著に『18歳からの民主主義』(岩波新書、2016年)、『ブラック企業VSモンスター消費者』(ポプラ新書、2014年)、『ベーシックインカムは究極の社会保障か』(堀之内出版、2012年)など。

プログラム

[基調講演]「過労死問題解決のための支援団体の取り組み」
坂倉 昇平 氏(NPO法人POSSE理事)
[体験談発表]
過労死ご遺族による体験談発表(2 名)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月2日(金)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: 栃木県青年会館コンセーレ アイリスホール
(栃木県宇都宮市駒生1丁目1番6号)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • 東北自動車道 鹿沼 ICより9.5km、宇都宮ICより9.0km
  • JR宇都宮駅より関東バス「作新学院・駒生」行き→東中丸(会館前)下車
主催: 厚生労働省
後援: 栃木県、宇都宮市、
栃木県弁護士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
栃木県経営者協会
連合栃木
栃木県社会保険労務士会
栃木産業保健総合支援センター

講師プロフィール

山本  勲 氏
慶應義塾大学商学部 教授

ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了(経済学博士)。
1995~2007年日本銀行、
2007年慶應義塾大学商学部准教授を経て現職。
専門は労働経済学。
主な著作として
『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』
(共著、日本経済新聞出版社、2014年、第57回日経・経済図書文化賞受賞)。

プログラム

[取組状況報告] 厚生労働省栃木労働局
[民間事業者からの実践例報告]
[基調講演]
「メンタルヘルスと働き方改革」
 山本 勲 氏( 慶應義塾大学商学部 教授)
[体験談発表] 東京過労死を考える家族の会
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月30日(金)
13:30~15:30(受付13:00~)
会場: 群馬県公社総合ビル 1階 西研修室
(群馬県前橋市大渡町1-10-7)

地図を見る

定員: 80名
アクセス:
  • 群馬県庁から(約1.8km 車で約5分)
  • JR新前橋駅から(約2.5km 車で約6分)
  • バス路線(群馬中央バス)
    「公社総合ビル入口」下車
主催: 厚生労働省
後援: 群馬県(予定)
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

プログラム

[基調講演]
「過労死を予防するための取り組み」
内田 満夫 氏(群馬大学大学院医学系研究科 公衆衛生学分野 准教授)
[遺族からの声]
[過労死110番の報告]
群馬過労死弁護団
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月22日(木)
14:00~17:00(受付13:00~)
会場: さいたま市民会館うらわ ホール
(さいたま市浦和区仲町2-10-22)

地図を見る

定員: 450名
アクセス: JR京浜東北線ほか 浦和駅西口より徒歩7分
主催: 厚生労働省
後援: 埼玉県、埼玉弁護士会(予定)
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
埼玉産業保健総合支援センター
埼玉県経営者協会
連合埼玉
埼玉県労働組合連合会

講師プロフィール

重山 三香子 氏
ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社
精神保健福祉士

【役職】
2017年3月 厚生労働省 大臣官房地方課「都道府県労働局ストレスチェック制度集計・分析に係る 検討会 」委員長
【所属】
日本産業衛生学会 日本産業精神保健学会
日本うつ病学会 日本ケアマネジメント学会
【資格】
精神保健福祉士
(日本産業精神保健学会認定 産業精神保健専門職)
介護支援専門員 両立支援コーディネーター
【学歴】
上智大学 社会福祉学科卒業
●出版物
「産業カウンセリングの現場から(リレーコラム)」 安全・衛生・教育・保険の総合実務誌 安全スタッフ2015年11月15日号(2246号)(労働新聞社発行)

プログラム

[埼玉労働局から現状の報告]
[講演]
「防止対策からの転換期「過労死ゼロ」の社会へ
 ~健康経営で推進する これからの健康施策~」
 重山 三香子 氏
 ウェルネス・コミュニケーションズ株式会社
 精神保健福祉士
[企業による事例報告]
[家族の会体験談]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月28日(水)
14:00~17:00(受付13:30~)
会場: 千葉市男女共同参画センター ハーモニープラザ
(千葉市中央区千葉寺町1208番地2)

地図を見る

定員: 200名
アクセス:
  • 京成電鉄千原線「千葉寺駅」下車、徒歩6分
主催: 厚生労働省
後援: 千葉県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
千葉産業保健総合支援センター
千葉県労働基準協会連合会
連合千葉、千葉労連
いのちと健康を守る千葉県センター
千葉労災職業病対策連絡会
千葉土建、千葉過労死弁護団
千葉労働弁護団、千葉県経営者協会

講師プロフィール

三宅 貞信 氏
千葉市民協同法律事務所 弁護士

2007年 弁護士登録・
千葉市民協同法律事務所
所属団体 日本労働弁護団(常任幹事)
千葉労働弁護団(事務局長)
千葉過労死弁護団
労働事件,外国人事件(家事,入管,行政)を中心に活動

プログラム

[千葉労働局から現状の報告]
[講演]
「パワーハラスメントなき社会を目指して
ー「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会報告書」(平成30年3月)を題材にー」
三宅 貞信 氏(千葉市民協同法律事務所 弁護士)
[企業による事例発表]
キッコーマン食品株式会社
広栄化学工業株式会社
[家族の会より体験談発表]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月6日(火)
14:00~17:00(受付13:00~)
会場: イイノホール
(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング)

地図を見る

定員: 450名
アクセス:
  • 東京メトロ 日比谷線・千代田線 →「霞ケ関」駅 C3出口 徒歩1分
  • 東京メトロ 丸ノ内線 →「霞ケ関」駅 B2出口 徒歩5分
  • 東京メトロ 銀座線 →「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分
  • 都営地下鉄 三田線 →「 内幸町」駅 A7出口徒歩3分
主催: 厚生労働省
後援: 東京都
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

黒田 祥子 氏
早稲田大学教育・
総合科学学術院 教授

慶應義塾大学経済学部卒業、博士(慶應義塾大学)。
日本銀行勤務、一橋大学助教授、東京大学准教授、
早稲田大学准教授を経て、2014年より現職。
主著書・主論文 :

「長時間労働と健康、労働生産性との関係」、『日本労働研究雑誌』No.679、特別号、 労働政策研究・研修機構、2017年、18-28頁
『労働時間の経済分析―超高齢社会の働き方を展望する』、日本経済新聞出版社、 2014年、全359頁 (共著、第57回日経・経済図書文化賞受賞、第38回労働関係図書 優秀賞受賞)
「従業員のメンタルヘルスと労働時間―従業員パネルデータを用いた検証―」、RIETI ディスカッションペーパー、No. 14-J-020、経済産業研究所、2014年 (共著)
「企業における従業員のメンタルヘルスの状況と企業業績―企業パネルデータを用い た検証―」、RIETI ディスカッションペーパー、No.14-J-021、経済産業研究所、2014 年(共著)

川人 博 氏
川人法律事務所

1978年
東京弁護士会に弁護士登録。 文京総合法律事務所を経て、
1995年
川人法律事務所創立。
1988年から
「過労死110番」の活動に参加し、現在、過労死弁護団全国連絡会議幹事長。
【役職等】
厚生労働省・過労死等防止対策推進協議会委員
過労死弁護団全国連絡会議幹事長
過労死等防止対策推進全国センター共同代表幹事
内閣官房拉致問題対策本部
拉致問題に関する有識者との懇談会の有識者委員
東京弁護士会人権擁護委員会国際人権部会長
(2018年4月現在)

プログラム

[厚生労働省より現状の説明]
[過労死等防止対策推進全国センターより報告]
川人 博 氏(川人法律事務所)
[講演]「働き方と健康、生産性との関係」
黒田 祥子 氏(早稲田大学教育・総合科学学術院 教授)
[企業等における事例発表]
[過労死を考える家族の会より体験談]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月14日(水)
17:00~19:30(受付16:30~)
会場: 町田市文化交流センター
(東京都町田市原町田4丁目1番14号)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR横浜線「町田駅」町田ターミナル口直結
  • 小田急線「町田駅」西口から徒歩5分
主催: 厚生労働省
後援: 東京都
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

篠原 靖征 弁護士
東京過労死弁護団事務局次長

東京大学法学部卒。2002年10月弁護士登録
弁護士登録後、労働者側の代理人として、トラック運転手の過労運転事故、看護師の院内感染事故、タクシー運転手交通事故による不当配転事件、労働災害関連事件を幅広く扱う。
また、教職員、ソフトウェア開発技術者、メンテナンスエンジニア、セールスマン、運送会社事務員、建設会社工事部長、賃貸不動産調査員など多数の過労死過労自殺事件を担当。
主な著作
『薬害肝炎裁判史』(共著、日本評論社)

山本  勲 氏
慶應義塾大学商学部 教授

ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了
(経済学博士)。
1995~2007年日本銀行、
2007年慶應義塾大学商学部准教授を経て現職。
専門は労働経済学。
主な著作として
『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』
(共著、日本経済新聞出版社、2014年、第57回日経・経済図書文化賞受賞)。

プログラム

[東京労働局からの報告]
[講演]
「過労死等の現状と企業の安全配慮義務」
 篠原 靖征 弁護士( 東京過労死弁護団事務局次長)
[講演]
「メンタルヘルスと働き方改革」
 山本 勲 氏( 慶應義塾大学商学部 教授)
[家族の会体験談]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月1日(木)
13:30~16:30(受付13:00~)
会場: 日石横浜ホール
(神奈川県横浜市中区桜木町一丁目1番地8)

地図を見る

定員: 200名
アクセス:
  • JR京浜東北・根岸線、横浜市営地下鉄の「桜木町」駅から徒歩4分
主催: 厚生労働省
後援: 神奈川県、横浜市、川崎市、
相模原市、藤沢市(予定)
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
神奈川県経営者協会
神奈川県商工会議所連合会
神奈川県商工会連合会
神奈川県中小企業団体中央会
神奈川経済同友会
日本労働組合総連合会神奈川県連合会
神奈川県労働組合総連合

プログラム

[神奈川労働局から現状の報告]
[講演]「パワーハラスメントを防止するために」
岡田 康子 氏(株式会社 クオレ・シー・キューブ 代表取締役会長
厚生労働省「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」 委員)
[講演]「働く人々はぐっすり眠らなければならない」
高橋 正也 氏(独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 産業疫学研究グループ 部長)
[過労死等を考える家族の会より体験談発表]
チラシを見る

中部・北陸・信越エリア

日時: 平成30年11月10日(土)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: 駅まえオフィス貸会議室 大会議室
(新潟市中央区東大通1-1-1 第五マルカビル7階)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR新潟駅から徒歩1分
主催: 厚生労働省
後援: 新潟県、新潟県弁護士会、
新潟県社会保険労務士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

岩橋 誠 氏
NPO法人 POSSE相談スタッフ

1989年愛知県生まれ。学生時代からPOSSEの相談活動に取り組み、過労死・過労自死や労災、外国人労働問題を中心に取り組んでいる。POSSE(www.npoposse.jp)は東京と仙台に事務所を設け、若者の労働・貧困問題に取り組む団体として、年間3000件以上の過労やハラスメントなどの労働相談を無料で受け付け問題解決のためにアドバイスしている。ブラック企業で働く若者や、長時間労働やパワハラによって家族を亡くした遺族から多数の相談が寄せられ、連携する労働組合や弁護士と協力しながら、未払い賃金の請求や職場環境の改善、労災申請の支援や会社に責任追及するためのサポートを行っている。

プログラム

[新潟労働局から現状の報告]
[労働現場からの報告]
連合新潟、新潟県労連
[講演]
「過労死問題解決のための支援団体の取り組み」
岩橋 誠 氏( NPO法人 POSSE相談スタッフ)
[過労死を考える家族の会より体験談]
佐戸 恵美子 氏 、インタビュアー 東海林 智 氏(毎日新聞記者)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月27日(火)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: ボルファートとやま 琥珀の間
(富山県富山市奥田新町8-1)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR富山駅北口より徒歩5分
  • 国道8号線中島インターより車で10分
主催: 厚生労働省
後援: 富山県(予定)、富山市(予定)、
富山県弁護士会(予定)
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

川人 博 氏
川人法律事務所

1978年
東京弁護士会に弁護士登録。 文京総合法律事務所を経て、
1995年
川人法律事務所創立。
1988年から
「過労死110番」の活動に参加し、現在、過労死弁護団全国連絡会議幹事長。
【役職等】
厚生労働省・過労死等防止対策推進協議会委員
過労死弁護団全国連絡会議幹事長
過労死等防止対策推進全国センター共同代表幹事
内閣官房拉致問題対策本部
拉致問題に関する有識者との懇談会の有識者委員
東京弁護士会人権擁護委員会国際人権部会長
(2018年4月現在)

プログラム

[開会挨拶]
[講演]
「健康な職場をつくるために」
 川人 博 氏( 川人法律事務所)
[富山県内企業による事例発表]
[過労死遺族より体験談]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月15日(木)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: 石川県地場産業振興センター
新館コンベンションホール
(石川県金沢市鞍月2丁目20番地)

地図を見る

定員: 250名
アクセス:
  • 金沢駅から当センターまで約4Km
【タクシー】 JR金沢駅金沢港口(西口)より 約10分
【北鉄バス】 JR金沢駅金沢港口(西口)より 約20分
金沢駅西口6番乗り場「工業試験場行」
または「消費者支援センター行」乗車「工業試験場」下車
主催: 厚生労働省
後援: 石川県、金沢市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
働くもののいのちと健康を守る石川センター

講師プロフィール

山本  勲 氏
慶應義塾大学商学部 教授

ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了
(経済学博士)。
1995~2007年日本銀行、
2007年慶應義塾大学商学部准教授を経て現職。
専門は労働経済学。
主な著作として
『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』
(共著、日本経済新聞出版社、2014年、第57回日経・経済図書文化賞受賞)。

プログラム

[講演]
「メンタルヘルスと働き方改革」
山本 勲 氏(慶應義塾大学商学部 教授)
[施策紹介]
『働き方改革関連法』の内容について
石川労働局 労働基準部 監督課
[過労死ご遺族からのお話]
東京過労死を考える家族の会
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月11日(日)
13:30~16:00(受付13:00~)
会場: 福井まちなか文化施設 響のホール
(福井県福井市中央1-4-13)

地図を見る

定員: 200名
アクセス:
  • JR福井駅・西口より徒歩3分
主催: 厚生労働省
後援: 福井県、福井市、福井弁護士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
福井過労死弁護団

講師プロフィール

岡田 康子 氏
株式会社 クオレ・シー・キューブ
代表取締役会長
厚生労働省「職場のパワーハラスメント
防止対策についての検討会」 委員

中央大学卒業、早稲田大学MBA。
1990年にメンタルヘルスの研修と相談を行う㈱クオレ・シー・キューブを設立し代表取締役就任。パワーハラスメントという言葉をつくり出し、公的機関や企業への講演研修を数多くこなす一方で、職場のハラスメント防止対策プログラムの開発を行う。厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」の有識者メンバー。

プログラム

[基調講演]「パワーハラスメントを防止するために」
岡田 康子 氏
(株式会社クオレ・シー・キューブ 代表取締役会長、
厚生労働省「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」委員)
[施策紹介] 福井労働局 労働基準部監督課
[事例紹介] 地元企業の取組事例紹介
[体験談発表] 過労死遺族からの発言
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月29日(木)
18:30~20:50(受付18:00~)
会場: ベルクラシック甲府 3F エリザベート
(山梨県甲府市丸の内1-1-17)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR中央線甲府駅より徒歩3分
  • 中央道甲府南インターより20分
  • 中央道甲府昭和インターより20分
主催: 厚生労働省
後援: 山梨県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
山梨過労死と労災問題を考える会
過労死家族の会
過労死弁護団山梨県支部
働くもののいのちと健康を守る山梨県センター

プログラム

[主催者挨拶]
山梨労働局労働基準部監督課
[基調講演]
過労死問題の「傾向と対策」~仕事とパワハラから命を守るために~
岩城 穣 弁護士(過労死等防止対策推進全国センター事務局長)
[過労死家族の会からの訴え]
大手電力会社社員「ハラスメント自死の訴え」芦澤 明 氏 芦澤 ひとみ 氏
大手通信会社社員「業務内突然死の訴え」野中 千代美 氏
[閉会挨拶]
佐藤 均 氏(働くもののいのちと健康を守る山梨県センター理事長)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月27日(火)
13:30~16:20(受付13:00~)
会場: JA長野県ビル 12B会議室
(長野市大字南長野北石堂町1177番地3)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR長野駅から徒歩10分
主催: 厚生労働省
後援: 長野県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

佐々木 司 氏
大原記念労働科学研究所
上席主任研究員

1993年千葉大学大学院自然科学研究科修了・博士(理学),1 9 9 6 年サーカディアン生理学研究所でDr.Stampiに師事しPoly-NASA研究に従事。2000年カロリンスカ研究所でDr.Åkerstedtに師事し客員研究員。2001年(財)労働科学研究所労働ストレス研究グループ長,主任研究員,2004年慢性疲労研究センター長,2012年研究部長,2015年研究主幹を経て,現在(公財)大原記念労働科学研究所上席主任研究員

今野 晴貴 氏
NPO法人 POSSE代表理事

1983年生まれ。労働相談・調査研究を行うNPO法人POSSE代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。著書に『ブラック企業』(文春新書)、共著に『裁量労働制はなぜ危険か』(岩波)など。2013年に大佛次郎論壇賞、流行語大賞トップ10、日本労働社会学会奨励賞受賞。

プログラム

[講演]
「働く上で大切な労働者の疲労,ストレス,睡眠の知識を知る」
佐々木 司 氏(大原記念労働科学研究所 上席主任研究員)
[講演]
「過酷労働・違法労働の発生要因と対策の在り方」
今野 晴貴 氏(NPO法人 POSSE代表理事)
[当事者の声]
~海外勤務と長時間労働によりくも膜下出血、失明~
山下 照之氏( 東京過労死を考える家族の会)
~長時間労働とパワハラにより精神障害発症~
中村 也真人氏( 東京過労死を考える家族の会)
[遺族の声]
~放送局記者過労死遺族からの訴え~
佐戸恵美子 氏( 東京過労死を考える家族の会)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月14日(水)
14:00~16:40(受付13:30~)
会場: 岐阜県図書館 多目的ホール
(岐阜県岐阜市宇佐4-2-1)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR西岐阜駅(南口)より「西ぎふ・くるくるバス」『県図書館・美術館』バス停下車すぐ
  • 名鉄岐阜駅・JR岐阜駅より岐阜バス「鏡島市橋線」「市橋」行に乗車、『県美術館』バス停下車 徒歩3分
  • 駐車場 : 325台(岐阜県美術館と共用。 地下210台、その他115台)
主催: 厚生労働省
後援: 岐阜県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

近藤 雄二 氏
博士(医学)、天理大学教員、
奈良産業保健総合支援センター
相談員

労働衛生領域における調査研究の経験を踏まえ、疲労・人間工学的視点から健康を支援する環境づくりを専門とする。日本産業衛生学会、産業人間工学会(理事)に所属。

プログラム

[講演]
「安全配慮義務」について
岩井 羊一 氏(過労死弁護団全国連絡会議 幹事)
[事例発表]
「社員が輝く仕組みづくり」 三承工業株式会社
[基調講演]
「『働き方』関連法のなかで過労(自)死を生み出さない仕組みと働き方を求めて」
近藤 雄二 氏
(博士(医学)、天理大学教員、奈良産業保健総合支援センター相談員)
[過労死遺族の声]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月2日(金)
13:20~16:50(受付12:50~)
会場: パルシェ貸会議室1.2.3 パルシェ7F
(静岡市葵区黒金町49番地)

地図を見る

定員: 120名
アクセス:
  • JR静岡駅直結
主催: 厚生労働省
後援: 静岡県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
静岡県過労死・労働弁護団

講師プロフィール

寺西 笑子 氏
全国過労死を考える家族の会 代表

京都市在住
1996年2月
夫、過労自死
1997年
過労死家族の会活動に参加
2001年
京都下監督署にて労災認定
2005年
京都地裁にて勝訴
2006年
大阪高裁にて和解
2008年から
全国過労死を考える家族の会代表世話人
2014年から
過労死等防止対策推進全国センター共同代表
厚生労働省過労死等防止対策推進協議会委員

プログラム

テーマ「 過労死を生み出さない職場と社会のために」
[講演]「過労死を生みださない働き方とは」
寺西 笑子 氏(全国過労死を考える家族の会 代表)
[講演]「教育現場での過労死の裁判を担当して」
小笠原 里夏 氏(弁護士)
[報告]
長谷川 吉則 氏(三島共立病院 医師)
[事例報告]
ご遺族の声など
[パネルディスカッション]
・会場の皆さまよりのご意見をお待ちしています。
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月20日(火)
13:30~16:20(受付13:00~)
会場: 名古屋国際センター 別棟ホール
(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)

地図を見る

定員: 200名
アクセス:
  • 名古屋駅から東へ徒歩7分
  • 地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ
  • 市バス「国際センター」下車すぐ
主催: 厚生労働省
後援: 愛知県、名古屋市、愛知県弁護士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

龍井 葉二 氏
元連合総研副所長

総評本部を経て、1989年に連合本部へ。総合労働局、総合政策局、総合男女平等局などを経て2007年~09年に非正規労働センター長。
その後、連合総研・副所長を務め2015年に退職。「かえせ☆生活時間プロジェクト」の活動に参加。

猿田 正機 氏
愛知働くものの
いのちと健康を守る
センター理事長、
中京大学名誉教授

北海道三笠市出身。慶應義塾大学大学院を出て、中京大学に赴任。労務管理を専門とし、トヨタ研究をメインテーマとする。その間、スウェーデン・ヨーテボリ大学へ留学。また、大学では、経営学部長や研究科長などを歴任し、現在は、愛知健康センター理事長を務める。

能村 盛隆 氏
大和ハウス工業株式会社
経営管理本部
執行役員人事部長

1986年4月の入社以来約32年間にわたり、「65歳定年制」や「アクティブ・エイジング制度」、「親孝行支援制度」、「次世代育成一時金制度」など、少子高齢化を見据えた独自の制度導入を立案・導入してきた。2014年10月より現職にて、同社における「働き方改革」の推進を担っている。

プログラム

[報告 1]「労働時間短縮はなぜすすまないか?」
龍井 葉二 氏(元連合総研副所長)
[報告 2]「諸外国の労働時間規制から何を学ぶか ─スウェーデン等を事例として─」
猿田 正機 氏(愛知働くもののいのちと健康を守るセンター理事長・中京大学名誉教授)
[報告 3]「企業における労働時間短縮に向けた取り組みについて」
能村 盛隆 氏(大和ハウス工業株式会社 経営管理本部 執行役員人事部長)
[パネルディスカッション]
コーディネター:田巻 紘子 弁護士
[過労死遺族の声]
申込する チラシを見る

近畿エリア

日時: 平成30年11月13日(火)
13:30~16:00(受付13:00~)
会場: 三重県教育文化会館 大会議室
(三重県津市桜橋2-142)

地図を見る

定員: 120名
アクセス:
  • 近鉄名古屋線 津駅より徒歩5分
主催: 厚生労働省
後援: 三重県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

大和田 敢太 氏
滋賀大学名誉教授

京都大学法学部卒業、京都大学大学院法学
研究科博士課程民刑事法専攻単位取得退学、
パリ第一大学、リヨン第二大学、ボルドー第四大学で客員研究員、
客員教授、滋賀大学教授を経て、滋賀大学名誉教授。
「職場のモラル・ハラスメントをなくす会」世話人。博士(法学)。
著書に「職場のハラスメント」(中公新書)など。

プログラム

[平成29年度ベストプラクティス企業の事例発表]
一般財団法人 食品分析開発センターSUNATEC(サナテック)
理事 本部長 小林 政人 氏
[基調講演]「過労死と職場のハラスメント」
大和田 敢太 氏(滋賀大学名誉教授)
[過労死遺族の声]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月14日(水)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: ピアザ淡海 3F大会議室
(滋賀県大津市におの浜1-1-20)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR大津駅から京阪・近江バス[草津駅西口行]または
    [石山駅行]「大津署前」下車約10分
  • JR膳所駅から徒歩約12分
主催: 厚生労働省
後援: 滋賀県、滋賀県市長会、滋賀県町村会、
滋賀弁護士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
働くもののいのちと健康を守る滋賀県センター

講師プロフィール

弁護士 岩城 穣 氏
過労死等防止対策推進全国センター 事務局長

1988年 弁護士登録直後から過労死問題に取り組む。
主な経歴として、過労死弁護団全国連絡会議事務局次長、
大阪過労死問題連絡会事務局長、
過労死防止全国センター事務局長、
厚生労働省過労死等防止対策推進協議会委員として「大綱」作成に関与。

寺西 笑子 氏
全国過労死を考える家族の会 代表

京都市在住
1996年2月
夫、過労自死
1997年
過労死家族の会活動に参加
2001年
京都下監督署にて労災認定
2005年
京都地裁にて勝訴
2006年
大阪高裁にて和解
2008年から
全国過労死を考える家族の会代表世話人
2014年から
過労死等防止対策推進全国センター共同代表
厚生労働省過労死等防止対策推進協議会委員

プログラム

[基調講演]
「過労死問題の『傾向と対策』
~仕事とパワハラから命を守るために~」
弁護士 岩城 穣 氏(過労死等防止対策推進全国センター 事務局長)
[取組紹介]
滋賀労働局 労働基準部 監督課
[講演]
「遺族の思いと『過労死等防止対策推進法』施行4年」
寺西 笑子 氏(全国過労死を考える家族の会 代表)
[質疑応答]
進行: 弁護士 古川 拓 氏(過労死等防止対策推進全国センター 常任幹事)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月10日(土)
13:30~16:15(受付13:00~)
会場: TKP京都四条烏丸 カンファレンスセンター 3F ホール3A
(京都府京都市下京区仏光寺通室町東入釘隠町247番 コーエーレオ3F)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • 京都市営烏丸線 四条(京都市営)駅 6番出口 徒歩2分
  • 阪急京都線 烏丸駅 23番出口 徒歩3分
主催: 厚生労働省、京都労働局
後援: 京都府、京都市、京都弁護士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
過労死防止京都連絡会

講師プロフィール

川人 博 氏
川人法律事務所

1978年
東京弁護士会に弁護士登録。文京総合法律事務所を経て、
1995年
川人法律事務所創立。
1988年から
「過労死110番」の活動に参加し、現在、過労死弁護団全国連絡会議幹事長。
【役職等】
厚生労働省・過労死等防止対策推進協議会委員
過労死弁護団全国連絡会議幹事長
過労死等防止対策推進全国センター共同代表幹事
内閣官房拉致問題対策本部
拉致問題に関する有識者との懇談会の有識者委員
東京弁護士会人権擁護委員会国際人権部会長
(2018年4月現在)

プログラム

[講演]「健康な職場をつくるために」
川人 博 氏(川人法律事務所)
[労働行政の取り組み]「過労死防止法大綱の見直しについて」
京都労働局 労働基準部 監督課
[過労死ご遺族からの体験談発表]
高橋 幸美 さん
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月30日(金)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: コングレコンベンションセンター
ルーム1.2.3
(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F)

地図を見る

定員: 300名
アクセス:
  • JR「大阪駅」より徒歩3分
  • 地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩3分
  • 阪急「梅田駅」より徒歩3分
主催: 厚生労働省
後援: 大阪府
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

東海林 智 氏
毎日新聞 新潟支局長

88年法政大卒、毎日新聞社入社。
社会部、『サンデー毎日』、横浜支局デスクなどを
経て、現在社会部で厚生労働省担当。労働問題や
貧困問題などをテーマに取材を続ける。

プログラム

[講演]
「公共、民間、あらゆる職場から過労死をなくすために ~取材の現場から~」
東海林 智 氏( 毎日新聞 新潟支局長)
[体験談発表]
~放送局記者過労死遺族からの訴え~
佐戸恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
[大阪労働局からの報告]
大阪労働局労働基準部監督課
[報告]
「過労死防止大綱の改正のポイントと活用方法」
岩城 穣 氏(過労死等防止対策推進全国センター事務局長)
[過労死遺族の声]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月22日(木)
14:00~17:00(受付13:30~)
会場: 神戸市産業振興センター ハーバーホール
(神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号)

地図を見る

定員: 370名
アクセス:
  • JR「神戸」駅より徒歩約5分
  • 阪神電鉄「西元町」駅より徒歩約6分
  • 神戸高速鉄道「高速神戸」駅より徒歩約8分
  • 市営地下鉄海岸線「ハーバーランド」駅より徒歩約5分
主催: 厚生労働省
後援: 兵庫県、神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、芦屋市、伊丹市、豊岡市、加古川市、宝塚市、三木市、高砂市、川西市、三田市
協力: 過労死等防止対策推進兵庫センター
兵庫過労死を考える家族の会
兵庫県社会保険労務士会
兵庫県弁護士会
兵庫過労・ストレス研究会
(公財)兵庫県勤労福祉協会ひょうご仕事と生活センター

講師プロフィール

林 裕悟 氏
大阪弁護士会

出身高校
私立灘高等学校
出身大学
大阪大学法学部
弁護士登録
平成13年10月
所属弁護士会
大阪弁護士会
所属事務所
平山綜合法律事務所
主要な専門分野
過労死・過労自殺事案を含む労働事件
医療過誤事故
倒産事件
生保・損保等の保険金請求事件

プログラム

[講演]
「命をむしばむハラスメント~医療現場からの叫び」
林 裕悟 氏(大阪弁護士会)
[遺族の声]
「~放送局記者過労死遺族からの訴え~」
佐戸恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
[兵庫労働局の報告]
[企業による事例報告]
[若者の声]
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月16日(金)
14:00~16:35(受付13:30~)
会場: ホテル リガーレ春日野 1F 吉野の間
(奈良県奈良市法蓮町757-2)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • 近鉄奈良駅13番、JR奈良線駅西口15番より、「西大寺駅行」または
    「航空自衛隊行」に乗車(約5~7分)⇒「佐保小学校前」下車すぐ
  • 近鉄西大寺駅より「近鉄・JR奈良駅行」に乗車(約15分)⇒「佐保小学校前」下車すぐ
  • 無料駐車場(150台)完備
主催: 厚生労働省
後援: 奈良県、奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
奈良県医師会
奈良産業保健総合支援センター
働くもののいのちと健康を守る奈良県センター
奈良県大学連合

講師プロフィール

三戸 秀樹 氏
NPO法人 大学院連合
メンタルヘルスセンター代表理事、
関西福祉科学大学名誉教授

1945年生まれ。関西学院大学理学部物理学科と同大学文学部心理学科を卒業し、大学院博士課程を終え、近畿大学医学部公衆衛生学講座の23年間を経て、関西福祉科学大学社会福祉学部・創設に参画。医学部時代は労働衛生学、福祉学部時代は産業福祉学を中心に研究。「働く人が生き生きと人間らしく働くことが出来る」が生涯テーマ。10年前、大学院連合メンタルヘルスセンターを立ち上げ、働く人の“こころ”を支援する専門家育成を開始。

プログラム

[メインテーマ]
「いのちの大切さ、健康であること、人格を尊重したあたりまえの働き方をめざして」
[基調講演]
「ワークとライフのあり方 -ワークのライフ浸食-」
三戸 秀樹 氏(NPO法人 大学院連合メンタルヘルスセンター代表理事、 関西福祉科学大学名誉教授)
[ミニ・フォーラム]
「過労死遺族からの訴え、そこからみえるいまできる企業の健康保護措置」
コーディネーターとまとめ:
近藤 雄二 氏(天理大学 元教授、奈良産業保健総合支援センター相談員)
発言者:過労死ご遺族
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月29日(木)
13:30~16:30(受付13:00~)
会場: 和歌山ビッグ愛 大ホール
(和歌山市手平2丁目1-2)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR和歌山駅から徒歩 約15分
  • JR宮前駅から徒歩 約8分
主催: 厚生労働省、和歌山労働局
後援: 和歌山県、和歌山市、海南市、岩出市、紀の川市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

大和田 敢太 氏
滋賀大学名誉教授

京都大学法学部卒業、京都大学大学院法学
研究科博士課程民刑事法専攻単位取得退学、
パリ第一大学、リヨン第二大学、ボルドー第四大学で客員研究員、客員教授、滋賀大学教授を経て、滋賀大学名誉教授。「職場のモラル・ハラスメントをなくす会」世話人。博士(法学)。
著書に「職場のハラスメント」(中公新書)など。

櫻澤 博文 氏
合同会社パラゴン代表社員、
医学博士・社会健康医学修士

産業医大卒業後、世界的コンサルタント企業にて「ストレスマネジメント体系」を編成。
「復職・セルフケアガイドブック」、「働きやすい職場づくりのヒント」(共に金剛出版)等
複数の書籍や講演を介して世に展開。
現在は労働衛生コンサルタントとしてストレスチェック導入や健康経営優良法人取得支援に従事中。

プログラム

[行政からの報告]
和歌山労働局 労働基準部監督課長 津田 惠史
[講演]「過労死と職場のハラスメント」
大和田 敢太 氏(滋賀大学名誉教授)
[講演]「ストレスチェック時代の働きやすい職場づくりのヒント」
櫻澤 博文 氏(合同会社パラゴン代表社員、医学博士・社会健康医学修士)
[遺族の声]
小池 江利 氏(大阪過労死を考える家族の会 代表) 他
申込する チラシを見る

中国・四国エリア

日時: 平成30年11月19日(月)
13:30~15:45(受付13:00~)
会場: とりぎん文化会館
(鳥取市尚徳町101-5)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR鳥取駅から若桜街道を県庁方向へ約20分
  • 【路線バス利用】鳥取バスターミナル(JR鳥取駅横)から
    湖山・鳥大線・賀露線など「県庁日赤前」(所要時間・約5分)下車すぐ
  • 【100円循環バス「くる梨」利用】
    鳥取バスターミナル(JR鳥取駅横)から20分おきに運行
    赤コース、青コース、緑コースいずれも「とりぎん文化会館」(所要時間・約15分)下車すぐ
主催: 厚生労働省
後援: 鳥取県、公益社団法人鳥取県医師会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

岩橋 誠 氏
NPO法人 POSSE相談スタッフ

1989年愛知県生まれ。学生時代からPOSSEの相談活動に取り組み、過労死・過労自死や労災、外国人労働問題を中心に取り組んでいる。POSSE(www.npoposse.jp)は東京と仙台に事務所を設け、若者の労働・貧困問題に取り組む団体として、年間3000件以上の過労やハラスメントなどの労働相談を無料で受け付け問題解決のためにアドバイスしている。ブラック企業で働く若者や、長時間労働やパワハラによって家族を亡くした遺族から多数の相談が寄せられ、連携する労働組合や弁護士と協力しながら、未払い賃金の請求や職場環境の改善、労災申請の支援や会社に責任追及するためのサポートを行っている。

プログラム

[主催者挨拶]
鳥取労働局長
[講演]
「過労死問題解決のための支援団体の取り組み」
岩橋 誠 氏(NPO法人 POSSE相談スタッフ)
[平成29年度ベストプラクティス企業の取組紹介]
竹中 君夫 氏(社会医療法人 明和会医療福祉センター法人本部人事主幹)
[体験談発表]
中原 のり子 氏(東京過労死を考える家族の会代表)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月28日(水)
13:00~16:00(受付12:30~)
会場: 島根県芸術文化センターグラントワ 小ホール
(島根県益田市有明町5-15)

地図を見る

定員: 200名
アクセス:
  • 電車 : JR益田駅から約1km(→バス:約5分、徒歩:約15分)
  • バス : JR益田駅から石見交通バス(医光寺行き)約5分(→「グラントワ前」バス停下車)
主催: 厚生労働省
後援: 島根県、益田市、津和野町、吉賀町
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
過労死弁護団全国連絡会議
全国過労死を考える家族の会
連合島根
自死遺族しまね分かち合いの会・虹
山陰過労死等を考える家族の会

プログラム

スローガン「 過労死を無くすために」
[基調講演]
「 倉吉市職員パワハラ裁判からの教訓」
笠見 猛 氏( 労安センターとっとり相談員)
[事例報告]
長石 美穂 氏 長石 康彦 氏( 鳥取県倉吉市在住)
高橋 真一 氏【 弁 護 士】(山陰過労死等を考える家族の会副代表)
荒木 恭司 氏【 経営者側】(島根電工株式会社代表取締役社長)
土岡  勉 氏【 労働者側】(連合島根副事務局長)
[まとめ]
原田 圭介 氏( 連合島根事務局長)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月9日(金)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: 岡山国際交流センター2F 国際会議場
(岡山市北区奉還町2丁目2番1号)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR岡山駅から徒歩3分
主催: 厚生労働省
後援: 岡山県、岡山市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

山本  勲 氏
慶應義塾大学商学部 教授

ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了
(経済学博士)。
1995~2007年日本銀行、
2007年慶應義塾大学商学部准教授を経て現職。
専門は労働経済学。
主な著作として
『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』
(共著、日本経済新聞出版社、2014年、第57回日経・経済図書文化賞受賞)。

プログラム

[基調講演]
「メンタルヘルスと働き方改革」
山本 勲 氏(慶應義塾大学商学部 教授)
[講演]
「遺族の思いと『過労死等防止対策推進法』施行4年」
寺西 笑子 氏(全国過労死を考える家族の会 代表)
[過労死ご遺族のお話]
「息子の過労死から過労死防止を願う」
西垣 迪世 氏(全国過労死を考える家族の会 兵庫代表)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月30日(金)
18:00~20:00(受付17:30~)
会場: 広島YMCA国際文化センター 本館B1F 国際文化ホール
(広島市中区八丁堀7-11)

地図を見る

定員: 250名
アクセス:
  • 市内電車(5番以外)「立町」電停下車徒歩3分
  • アストラムライン「県庁前」駅下車徒歩5分
  • JR「広島」駅からタクシーで10分・広島バスセンターから徒歩5分
  • 宇品港からJR広島駅行き市内電車(1番)「立町」電停下車徒歩3分
主催: 厚生労働省
後援: 広島県、広島市、広島弁護士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
過労死等防止対策推進シンポジウム広島実行委員会

講師プロフィール

佐々木 司 氏
大原記念労働科学研究所
上席主任研究員

1993年千葉大学大学院自然科学研究科修了・博士(理学),1 9 9 6 年サーカディアン生理学研究所でDr.Stampiに師事しPoly-NASA研究に従事。2000年カロリンスカ研究所でDr.Åkerstedtに師事し客員研究員。2001年(財)労働科学研究所労働ストレス研究グループ長,主任研究員,2004年慢性疲労研究センター長,2012年研究部長,2015年研究主幹を経て,現在(公財)大原記念労働科学研究所上席主任研究員

プログラム

[講演]
「息子の過労死から過労死防止を願う」
西垣 迪世 氏(全国過労死を考える家族の会 兵庫代表)
[基調講演]
「働く上で大切な労働者の疲労,ストレス,睡眠の知識を知る」
佐々木 司 氏(公益財団法人 大原記念労働科学研究所 上席主任研究員)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月27日(火)
13:30~16:00(受付13:00~)
会場: 山口市民会館 小ホール
(山口県山口市中央2丁目5番1号)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR山口線山口徒歩13分、JR山口線上山口徒歩19分
主催: 厚生労働省
後援: 山口県、山口市、山口県弁護士会、
山口県社会保険労務士会
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

生越 照幸 氏

【プロフィール】
1970年生まれ。
東北大学工学部卒業、同大学院国際文化研究科修了、一般社団法人自殺対策全国民間ネットワーク監事、自死遺族支援弁護団事務局長。
2012年よりライフパートナー法律事務所を設立。

笑福亭 松枝

【プロフィール】
1950年大阪府貝塚市生まれ。
1969年高校卒業、六代目笑福亭松鶴に入門。
芸歴48年、笑福亭一門総数60人中で4番目の古参幹部。
文化庁芸術祭で優勝賞受賞、人情噺では上方落語界きっての名人。

プログラム

[過労死等防止のための取組事例発表]
医療法人社団 豊美会 田代台病院
[基調講演]
「過労自殺の予防について
-職場のメンタルヘルス対応の問題点-」
生越 照幸 氏(ライフパートナー法律事務所 弁護士)
[過労死ご遺族からのお話]
[過労死問題をテーマにした落語]
「ケンちゃんの夢」 落語家 笑福亭 松枝
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月17日(土)
13:00~15:50(受付12:30~)
会場: とくぎんトモニプラザ 大会議室
(徳島県徳島市徳島町城内2番地1)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR徳島駅から線路沿いに歩き、市役所前の線路高架橋を渡ると建物の裏側に到着(徒歩約10分)
主催: 厚生労働省
後援: 徳島県、徳島市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

山本  勲 氏
慶應義塾大学商学部 教授

ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了
(経済学博士)。
1995~2007年日本銀行、
2007年慶應義塾大学商学部准教授を経て現職。
専門は労働経済学。
主な著作として
『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』
(共著、日本経済新聞出版社、2014年、第57回日経・経済図書文化賞受賞)。

今野 晴貴 氏
NPO法人 POSSE代表理事

1983年生まれ。労働相談・調査研究を行うNPO法人POSSE代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。著書に『ブラック企業』(文春新書)、共著に『裁量労働制はなぜ危険か』(岩波)など。2013年に大佛次郎論壇賞、流行語大賞トップ10、日本労働社会学会奨励賞受賞。

プログラム

[講演]
「メンタルヘルスと働き方改革」
山本 勲 氏(慶應義塾大学商学部 教授)
[講演]
「過酷労働・違法労働の発生要因と対策の在り方」
今野 晴貴 氏(NPO法人POSSE代表理事)
[過労死遺族の声]
●~放送局記者過労死遺族からの訴え~
 佐戸恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
●四国過労死を考える家族の会代表
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月20日(火)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: サンポートホール高松 第2小ホール
(香川県高松市サンポート2-1)

地図を見る

定員: 200名
アクセス:
  • JR高松駅から徒歩3分
主催: 厚生労働省
後援: 香川県、高松市
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

大和田 敢太 氏
滋賀大学名誉教授

京都大学法学部卒業、京都大学大学院法学
研究科博士課程民刑事法専攻単位取得退学、パリ第一大学、リヨン第二大学、ボルドー第四大学で客員研究員、客員教授、滋賀大学教授を経て、滋賀大学名誉教授。
「職場のモラル・ハラスメントをなくす会」世話人。博士(法学)。
著書に「職場のハラスメント」(中公新書)など。

プログラム

[基調講演]
「過労死と職場のハラスメント」
大和田 敢太 氏(滋賀大学名誉教授)
[過労死遺族の声]
[過労死問題をテーマにした落語]
「エンマの願い」桂 三風

【プロフィール】
師匠、三枝(現六代文枝)より「落語界の新しい風になれ!」との願いを込めて名付けられる。常に時代を感じ型にはまらない柔軟なスタイルで注目されている。

申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月13日(火)
18:00~19:30(受付17:30~)
会場: 愛媛大学グリーンホール
(愛媛県松山市文京町3番)

地図を見る

定員: 300名
アクセス:
  • 市内電車環状線「赤十字病院前」下車

●駐車場台数に限りがありますので、
 できるだけ公共交通機関を
 ご利用ください。

主催: 厚生労働省
後援: 愛媛県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
働くもののいのちと健康を守る愛媛県センター

プログラム

[体験談発表]
佐戸 恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
[体験談発表]
四国過労死等を考える家族の会代表
[基調講演]
「若者の過労死問題を考える」
長井 偉訓 氏(愛媛大学名誉教授)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年12月1日(土)
13:30~16:15(受付13:00~)
会場: 高知城ホール ホール
(高知県高知市丸ノ内二丁目1番10号)

地図を見る

定員: 100名
アクセス:
  • JR高知駅 ~ 車で5分
  • 高知インター・チェンジ ~ 車で20分
  • とさでん交通 電停「高知城前」 ~ 徒歩 約10分
主催: 厚生労働省
後援: 高知県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

長井 偉訓 氏
(愛媛大学名誉教授)

1987年
慶應義塾大学大学院社会学研究科
(博士課程単位取得)
1987~1992年
静岡県立大学短期大学部講師
1992~2017年
愛媛大学法文学部教授
2017年4月~
愛媛大学名誉教授
[ 学会活動 ]:
過労死防止学会、労務理論学会会長、社会政策学会幹事等歴任
[ 専門領域 ]:
人事労務管理論・労使関係論、社会政策論
[ 最近の著作 ]:
「日本における過度労働・『過労死』問題の研究動向」(『愛媛経済論集』第37巻第1号、2017年11月)

プログラム

[高知労働局の取組み]
高知労働局 労働基準部 監督課
[連合高知よりの報告]
事務局長 池澤 研吉 氏
[高知県労連よりの報告]
執行委員長代行 田口 朝光 氏
[基調講演]「若者の過労死問題を考える」
長井 偉訓 氏(愛媛大学名誉教授)
[過労死遺族の声]
申込する チラシを見る

九州エリア

日時: 平成30年12月6日(木)
15:00~17:30(受付14:30~)
会場: TKP小倉シティセンターKOKURAホール
(福岡県北九州市小倉北区馬借1-3-9クエスト第二ビル)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • JR鹿児島本線 小倉駅 徒歩10分
  • 北九州都市モノレール 旦過駅 徒歩5分
主催: 厚生労働省
後援: 福岡県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

天笠 崇 氏
代々木病院精神科医師
(公財)社会医学研究センター代表理事)

代々木病院EAPケアシステムズ顧問、
働くもののいのちと健康を守る東京センター理事長、
北里大学医学部大学院環境医科学群労働衛生学非常勤講師、
(一社)SST普及協会事務局長
【専門領域】
精神医学、労働精神医学、社会健康医学、京都大学(社会健康医学博士)、認定産業医・労働衛生コンサルタント、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、(一社)SST普及協会認定講師

山本  勲 氏
慶應義塾大学商学部 教授

ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了
(経済学博士)。
1995~2007年日本銀行、
2007年慶應義塾大学商学部准教授を経て現職。
専門は労働経済学。
主な著作として
『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』
(共著、日本経済新聞出版社、2014年、第57回日経・経済図書文化賞受賞)。

プログラム

[基調講演]
「過労自殺、労働関連うつ病をいかに予防するか
~ストレスチェック時代のメンタルヘルス対策~」
天笠 崇 氏(代々木病院精神科医師/(公財)社会医学研究センター代表理事)
[基調講演]
「メンタルヘルスと働き方改革」
山本 勲 氏(慶応義塾大学商学部教授)
[体験談発表]
中原 のり子 氏(東京過労死を考える家族の会代表)
東九州過労死等を考える家族の会
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月7日(水)
18:00~20:00(受付17:30~)
会場: 佐賀市交流センター エスプラッツホール
(佐賀市白山2丁目7-1)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • 佐賀駅から【徒歩約20分】【タクシー約5分】
  • 佐賀駅バスセンターから【各路線あり/エスプラッツ前、呉服元町、中の小路バス停にて下車】
主催: 厚生労働省
後援: 佐賀県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
はたらくもののいのちと健康を守るネットワークさが

講師プロフィール

八木 大和 氏
(福岡第一法律事務所)

福岡県直方市出身
福岡県立鞍手高校卒業
九州大学法学部卒業
大学卒業後は、企業に就職し、4年半、サラリーマンを経験。その後、司法試験合格までの間、アルバイト、派遣社員、予備校の講師などをしながら勉強していました。労働者が置かれた厳しい状況を自らも経験してきたと思います。その経験を活かしながら力を入れている取組分野は「労働」です。また、未来の子どもたちへの取り組みとして、脱原発や法教育に関する分野にも力を入れています。

プログラム

[基調講演]
「弁護士から見た過労死事案の実態と働き方改革」
八木 大和 氏(福岡第一法律事務所)
[体験談発表]
「放送局記者過労死遺族からの訴え」
佐戸 恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
[パネルディスカッション]
「過労死ゼロにむけて私たちにできること」
【司会】
松永 敦彦 氏(はたらくもののいのちと健康を守るネットワークさが事務局長)
【パネリスト】
八木 大和 氏
佐戸 恵美子 氏
佐賀の過労死ご遺族
本田 真由美 氏(佐賀労働局労働基準部監督課長)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月23日(金・祝)
13:30~16:00(受付13:00~)
会場: 長崎県建設総合会館
(長崎県長崎市魚の町3-33)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • 長崎市公会堂電停より徒歩3分

★会場に駐車場はございませんので、公共交通機関でお越しください

主催: 厚生労働省
後援: 長崎県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

プログラム

[基調講演]「ワークルールとしての疲労,ストレス,睡眠のリテラシー」
佐々木 司 氏(大原記念労働科学研究所、慢性疲労研究センター長研究主幹・上席主任研究員)
[事例紹介]「看護職のワークライフバランスの取り組み」
上田 光子 氏(公益社団法人長崎県看護協会 副会長)
[体験談発表]
中原 のり子 氏(東京過労死を考える家族の会代表)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年12月2日(日)
13:30~16:30(受付13:00~)
会場: 水前寺共済会館グレーシア 鳳凰
(熊本県熊本市中央区水前寺1丁目33-18)

地図を見る

定員: 100名
主催: 厚生労働省
後援: 熊本県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議
アクセス: JR熊本駅からのアクセス
  • 市電(健軍行)乗車→国府下車・・・・(所要時間30分)→徒歩5分
  • 豊肥本線乗換→水前寺駅下車・・・・・(所要時間10分)→南口より徒歩8分

プログラム

[主催者挨拶・働き方改革説明]
熊本労働局労働基準部監督課
[基調講演]
「メンタルヘルスと働き方改革
~法改正とエビデンスを踏まえた新たな働き方の探究~」
山本 勲 氏(慶應義塾大学教授)
[過労死遺族による体験談発表]
桐木 弘子 氏(東九州過労死等を考える家族の会代表)
[パネルディスカッション]
「働き方改革関連法の成立を契機として考えてみよう職場環境」
【コーディネーター】
遠藤 隆久 氏(熊本学園大学教授)
【パネリスト】
山本 勲 氏( 慶應義塾大学教授)
田村 祐輔 氏(株式会社鶴屋百貨店常務取締役)
佐々木 義博 氏(日本労働組合総連合会熊本県連合会事務局長)
村上 秀三 氏(社会保険労務士)
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月2日(金)
13:30~15:45(受付13:00~)
会場: 全労済ソレイユ
(大分市中央町4丁目2番5号)

地図を見る

定員: 250名
アクセス:
  • JR大分駅より 徒歩10分
  • 大分バス「末広バス停」より 徒歩3分
  • 大分交通「OASISひろば21バス停」より 徒歩1分

★会場に駐車場はございませんので、公共交通機関でお越しください

主催: 厚生労働省
後援: 大分県、日本労働組合総連合会大分県連合会、大分県労働組合総連合、大分県弁護士会、大分県社会保険労務士会、一般社団法人大分県労働基準協会、大分県経営者協会、大分県中小企業団体中央会、独立行政法人労働者健康安全機構大分産業保健総合支援センター、大分県商工会議所連合会、大分県商工会連合会(順不同)
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

プログラム

[基調講演]「過重労働・睡眠負債と生きる習慣」
影山 隆之 氏(大分県立看護科学大学 専門看護学講座 精神看護学 教授)
[体験談発表]「放送局記者過労死遺族からの訴え」
佐戸 恵美子 氏(東京過労死を考える家族の会)
[東九州過労死等を考える家族の会からの報告]
桐木 弘子 氏(東九州過労死等を考える家族の会代表)
[過労死をテーマにした落語]
「ケンちゃんの夢」 笑福亭 松枝
申込する チラシを見る
日時: 平成30年11月20日(火)
14:00~16:30(受付13:30~)
会場: 宮日会館 11階 ホール
(宮崎市高千穂通1-1-33)

地図を見る

定員: 250名
アクセス: ※会場には駐車場はございません。
主催: 厚生労働省
後援: 宮崎県、宮崎県医師会、
宮崎県社会保険労務士会
協力: 働く人のいのちと健康を守る宮崎県連絡会
宮崎過労死弁護団
宮崎県民主医療機関連合会
東九州過労死を考える家族の会
過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

山本  勲 氏
慶應義塾大学商学部 教授

ブラウン大学経済学部大学院博士課程修了
(経済学博士)。
1995~2007年日本銀行、
2007年慶應義塾大学商学部准教授を経て現職。
専門は労働経済学。
主な著作として
『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』
(共著、日本経済新聞出版社、2014年、第57回日経・経済図書文化賞受賞)。

プログラム

[基調講演]
「メンタルヘルスと働き方改革」
山本 勲 氏(慶應義塾大学商学部教授)
[体験談発表]
東九州過労死等を考える家族の会 代表 桐木 弘子 氏
[企業からの事例紹介]
宮崎県農業共済組合連合会
事業部建物・農機具課長 竹之内 朋子 氏
申込する チラシを見る
日時: 平成30年12月1日(土)
13:30~16:00(受付13:00~)
会場: かごしま県民交流センター大研修室 第2(東棟3F)
(鹿児島市山下町14番50号)

地図を見る

定員: 80名
アクセス:
  • 市電「水族館口電停」下車 徒歩4分
  • JR「鹿児島駅」下車 徒歩10分
  • バス「水族館口」下車 徒歩5分
主催: 厚生労働省
後援: 鹿児島県
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

天笠 崇 氏
代々木病院精神科医師
(公財)社会医学研究センター代表理事)

代々木病院EAPケアシステムズ顧問、
働くもののいのちと健康を守る東京センター理事長、
北里大学医学部大学院環境医科学群労働衛生学非常勤講師、
(一社)SST普及協会事務局長
【専門領域】
精神医学、労働精神医学、社会健康医学、京都大学(社会健康医学博士)、認定産業医・労働衛生コンサルタント、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、(一社)SST普及協会認定講師

寺西 笑子 氏
全国過労死を考える家族の会 代表

京都市在住
1996年2月
夫、過労自死
1997年
過労死家族の会活動に参加
2001年
京都下監督署にて労災認定
2005年
京都地裁にて勝訴
2006年
大阪高裁にて和解
2008年から
全国過労死を考える家族の会代表世話人
2014年から
過労死等防止対策推進全国センター共同代表
厚生労働省過労死等防止対策推進協議会委員

プログラム

[講演]
「過労自殺、労働関連うつ病をいかに予防するか ~ストレスチェック時代のメンタルヘルス対策~」
天笠  崇 氏(代々木病院精神科医師/(公財)社会医学研究センター代表理事)
[講演]
「過労死を生みださない働き方とは」
寺西 笑子 氏(全国過労死を考える家族の会 代表)
[過労死遺族の声]
桐木 弘子 氏(東九州過労死を考える家族の会代表)
申込する チラシを見る

沖縄エリア

日時: 平成30年12月4日(火)
15:00~17:00(受付14:30~)
会場: 沖縄産業支援センター
(沖縄県那覇市字小禄1831番地1)

地図を見る

定員: 150名
アクセス:
  • 車の場合、那覇空港から約10分~15分
  • ゆいレール 小禄駅 徒歩15分
主催: 厚生労働省
後援: 沖縄県(予定)
協力: 過労死等防止対策推進全国センター
全国過労死を考える家族の会
過労死弁護団全国連絡会議

講師プロフィール

川人 博 氏
川人法律事務所

1978年
東京弁護士会に弁護士登録。文京総合法律事務所を経て、
1995年
川人法律事務所創立。
1988年から
「過労死110番」の活動に参加し、現在、過労死弁護団全国連絡会議幹事長。
【役職等】
厚生労働省・過労死等防止対策推進協議会委員
過労死弁護団全国連絡会議幹事長
過労死等防止対策推進全国センター共同代表幹事
内閣官房拉致問題対策本部
拉致問題に関する有識者との懇談会の有識者委員
東京弁護士会人権擁護委員会国際人権部会長
(2018年4月現在)

プログラム

[沖縄労働局から現状の報告]
[過労死等防止対策推進全国センターより報告]
[講演]
「健康な職場をつくるために」
川人 博 氏(川人法律事務所)
[過労死ご遺族からの体験談発表]
高橋 幸美 さん
申込する チラシを見る